長年使用しているガスコンロの管理方法

日常生活の中でなくてはならない家電の一つでもあるガスコンロですが、使い方や管理の方法を誤ってしまうと火事などの原因にもなってしまいます。特に長年使用しているものに関しては、「いつまで使えるのだろう」という不安もあるでしょう。急な故障やそれによって起こる問題を防ぐためにも、いつから使い始めてどれくらい使っているのかをしっかり把握しておくことも大切です。ガスコンロの寿命は他の家電と比べると比較的長い方ですが、ホームページなどを確認すると7年から10年と書かれていることが大半です。これはあくまで目安となっている年数のため、これよりも早く故障してしまうこともあればもっと長く使える場合ももちろんあります。ただし10年以上経過しているものに関しては、メーカーでの部品の取り扱いが終わってしまっている場合もあるので注意も必要です。

ガスコンロを安全に使用するために必要なこと

10年という年数はガスコンロ自体の寿命というより、部品がダメになってしまう目安と考えておくと良いでしょう。年月が経つことによって劣化していく部品は一つではありません。その劣化した部分によっては大変なことになってしまうこともあるため、10年を目安に点検をしてもらうのも良いでしょう。例えばバーナーの部分が腐食してしまっている、ゴム管に亀裂が入っている、点火するためのつまみの部分に不具合があるなどといった場合、ガス漏れが起きてしまう可能性があります。他にも点火に時間がかかってしまうことやいきなり火が消えてしまっていることはないか、炎の色が以前と変わってはいないか、音や匂いに異常はないかどうか、日々使っている中で少しでも変な点が見られたら気を付けなくてはいけません。安心して使えなくなってしまった場合は、買い替えの時期と考えることも必要です。

ガスコンロの買い替え時期について

ガスコンロのちょっとした異変を見逃してしまい、「まだ大丈夫だろう」と使い続けるのはとてもリスクが高いことです。修理をして使い続けることが可能なのか、買い替えるべきなのか自分で判断が出来ない場合は、メーカーや取り付けの業者などへ連絡しアドバイスをもらいましょう。また2008年より以前に製造されたものに関しては、それ以降に販売されてものと比べると確かな安全性がありません。以前は全ての口の部分に安全装置が付いていたわけではなかったこともあり火事などが多発していました。その後見直しが図られ、2008年以降は安全センサーのついたものしか販売できなくなっています。もし現在使っているものが2008年以前のものであれば、注意が必要であり買い替えも検討した方が良いでしょう。日頃の手入れや使い方も大切ですが、しっかりと寿命を見極め安全に使えることを優先させなければいけません。