安全に使うためのガスコンロのお手入れ方法

ガスコンロを安全に使用するためには定期的なメンテナンスが大事です。メンテナンスと言っても業者を呼んで大がかりにする事ではなく、自分で出来る範囲の事です。ガスコンロは掃除をしないと目詰まりを起こして火が付きにくくなったり火災の原因になったりしますので、こまめに行うことが大切です。長期間、手入れや掃除をしないで置いておくと油汚れがこびりついてなかなか落ちなくなってしまいます。そうなるとやる気も出なくなってしまいますので汚れた時にさっと拭き掃除をして、ガスコンロを掃除する日を月に一回決めて定期的に行うことが大切です。ガスコンロを掃除する時は、五徳やバーナーなど細かいパーツもしっかりばらして綺麗に掃除すると着火がとてもスムーズになるし、目詰まりが取れれば火が全体にしっかりまわるようになります。

ガスコンロを簡単に掃除するコツ

ガスコンロは、汚れをこまめに掃除しないとすぐに油まみれになってしまいます。しかしガスコンロを掃除するとなると面倒くさいとし手間だと思う方も多くいます。お掃除を簡単に行うコツを知っておくと、ガスコンロのお手入れも気楽に出来るようになります。ガスコンロを掃除する時には調理後などガスコンロが温かい状態で行うのがベストです。汚れが少し浮き上がってきますので通常よりは比較的簡単に汚れを取ることが出来ます。五徳は重曹をふりかけて30分以上置くことで綺麗になりますので最初に取り外して重曹をかけて放置しておきます。その間にガスコンロ本体を掃除します。スポンジで汚れを落としたら即座にキッチンペーパーで拭きあげることにより汚れが広がるのを防ぎます。水で濡らした雑巾や布巾だと油が残ってしまいぬめりまで取ることが出来ないのでキッチンペーパーをおすすめします。

ガスコンロに付く汚れを予防する方法

ガスコンロの汚れは掃除が大変面倒です。後回しにしてしまいがちで気づいた時にはこびりついた汚れがちょっとやそっとでは取れない状態までになってしまう事もあります。当然、そうなる前に汚れた時に掃除すればいいのですが、極力掃除を最小限にしたいと思う方がほとんどです。最初から、汚れないように対策をしておくことでガスコンロの掃除回数を減らすことが出来ます。現在では、100円均一でもガスコンロまわりの用品は種類が沢山売られています。IH対応の物も豊富に取り揃えられているので、だいたい揃えることが出来ます。ガスコンロまわりの壁に貼れるシートで油が飛びはねても汚れることが無く常に綺麗な状態を保つことが出来ます。100円なので汚れたらすぐに交換できます。五徳の周りにシートを置いておけば吹きこぼれた時にも汚れませんし、炒め物をした時にこぼれたものもすぐに捨てることが出来ます。